宇都宮の膝の痛み・ヘルニア専門すずたつ整体院のブログ

すずたつ整体院

JR宇都宮駅から車20分
JR岡本駅から車5分

住 所
栃木県宇都宮市白沢町2020−7
ベルテンポ南側1号室
営業時間
10:00〜22:00
定休日
不定休

すずたつ整体院のブログ

腰痛症状でまず分類するべき三つの原因要素

    • 宇都宮のぎっくり腰
    • 宇都宮の座骨神経痛
    • 宇都宮の腰痛
    • 宇都宮の骨盤矯正

本日もブログをご覧いただきありがとうございます 宇都宮市すずたつ整体院院長の鈴木達也です。 本日は、腰痛症状の原因として考えられる三要因について ブログを書かせていただきます。   このブログを読むと、単純に筋肉疲労だけが、腰痛の原因ではないのだと理解していただけるのと、自分の腰痛に対して自分自身で原因を見つけて対応できるようになります。 患者様向けに書いていますが、治療家の方もこの視点を持って治療の見立てを立てると改善できる症状の幅が広がるので是非最後までご覧ください。 第一の要因:筋骨格系 まず、第一に腰痛の原因として疑うのは、筋肉や骨格の影響による腰痛です。 これは、仕事などで体に負担が溜まり筋肉の緊張が高まった際によく見られる要因です。 このような症状の場合は、 生活で慣れない動作などはなかったか? その動作を続けてはいないか? 疲労度合いはどうなのか? しっかりと休みは取れているか? などの環境面を再確認し、その後直接筋肉の緊張などをストレッチなどやマッサージなどで緩めることで対応します。 筋骨格系の腰痛に効果的なセルフケアの動画を載せますので、是非参考にしてみてください。 大体の腰痛はこの筋骨格系由来に分類されますが、体を安静にしていても時間が経過しても慢性痛になり改善の見えない腰痛もあります。 そのような腰痛は次のような要因が原因の場合もあります。 第二の要因:内臓系 筋骨格系以外の要因に内臓系というものがあります。 これは、内臓の疲労により発生する腰痛になります。 内臓の疲労で腰痛が発生するのか?と思われた方もいるかと思いますが、 内臓が疲労してくると体は本能的な防御反応で疲労している内臓を弱点とみなし、その弱点を守るために疲労している内臓周辺の筋肉を硬直させて内臓を守ろうとします。 このような場合は、マッサージなどで体表の筋肉を緩めても症状が戻ってしまい、腰痛が長引く所見があります。 現在、施術を受けても次の日には症状がぶり返してしまう方は内臓系要因の可能性が考えられます。 内臓系要因の原因としては食生活の乱れなどによる胃の負担や、過度のアルコール摂取による肝臓、腎臓の疲労などがあります。 胃が疲労してくると左の腰痛所見が見られるようになり、肝臓が疲労してくると右側の腰痛所見が見られるようになりますので、腰痛の患者様はご自身の痛みが出ている部位と現在の食生活やアルコール摂取量などを見直してみてください。 内臓由来の腰痛の場合生活を改めるだけでも改善が見られます。 体質改善のための動画を載せますので是非参考にしてみてください   内臓系の腰痛は三要因の中でも可能性は一番低く次に説明する最後の要素が筋骨格系について二番手に腰痛の要因になってきます。 第三の要因:心因系 心因系とは精神状態によるものです。 環境の変化や大切な家族の死去、仕事や金銭面のストレスなどで発症しやすい原因になります。 ストレスなどにより、自律神経に乱れが出ると自律神経支配の内臓消化器系に悪影響を及ぼし、内臓系腰痛を引き起こします。 原因解決ができるストレスの場合は原因を思い切って片付けてしまいましょう 例)溜まっている仕事などによるストレス 原因解決が難しいストレスの場合はそれに対する息抜きの時間や趣味などを見つけてあげてください 例)家族の死去、家族の介護 自覚症状がない場合でも実際にストレスが溜まってしまっている場合もあります。 ご家族と一緒にできる道具を使わないストレスチェック方法の動画を載せますので是非お試しください まとめ もし、あなたが腰痛に悩まされた時は   ①筋骨格系 ②心因系 ③内臓系   の順番でご自身の症状を当てはめてみてその要因改善のための対処方法を試して見てください。 長年治療家として多くの患者様を見させていただいていますが、整骨院のマッサージや電気治療で改善の見られない患者様で心因系や内臓系が原因だった場合も多く経験しております。 このブログがあなたの役に立てることを祈っております。 当院の腰痛ページは下記のリンクからアクセスください https://suzutatsu-seitai.com/symptom_menu/%e8%85%b0%e7%97%9b-2 私に相談したいことがありましたら相談用のラインがありますので、下記のURLからラインを登録していただきご連絡をいただければと思います。 https://line.me/R/ti/p/%40pkz2293e   […]

ギックリ腰は自分自身で誘発している!?患者様が知らない新常識!!

    • 宇都宮のぎっくり腰
    • 宇都宮の座骨神経痛
    • 宇都宮の腰痛

  本日もブログをご覧いただきありがとうございます   宇都宮市すずたつ整体院のすずたつこと鈴木達也です。 この頃秋の訪れか宇都宮でも朝晩と肌寒い温度になってきました。 このような季節の変わり目に多く発生する症状が『ギックリ腰』になります。 本日はギックリ腰の患者様から受ける質問を3つにまとめてブログで回答をさせていただければと思います。 ①ギックリ腰ってそもそも何? この質問は問診の中で一番多い質問ですね!! 患者様自身がギックリ腰という言葉は多く耳にしているけど 【実際どのような症状か説明できますか?】 と質問をすると答えられない患者様が大多数です。 では、ギックリ腰についてこれから説明をしていこうと思います。 まず、あなたは運動などで体を動かした後や朝の目覚めの際に足をつったという経験はありませんか?? めちゃくちゃ痛いですよね? 実は足をつるのもギックリ腰になるのも原理としては全く同じなんです。 ギックリ腰=足をつってしまった症状の腰バージョンのようにイメージをしてみてください。 そもそもつるということは筋肉自体に疲労が溜まり筋肉に力を入れた際に痙攣の症状が発生し自分の意思で筋肉を緩められなくなる状態を指します。 筋肉が力の入った緊張状態が続くと筋肉が酸欠になり発痛物質が体から放出されることにより痛みを感じます。 簡単に言ってしまうと筋肉が緊張して硬くなるから痛みが強くなると思ってもらって大丈夫です。 なので筋肉痛も腰や腰に関係する筋肉が緊張し硬くなってしまうために強い痛みが出ているということになります。 ②どうやったら改善をするのか?応急処置は!? おそらくギックリ腰で検索をしてこのブログをご覧になったあなたが一番知りたいと思っている内容がこちらだと思います。 先ほどの章で説明をしたようにギックリ腰=腰回りの筋肉が硬くなっている状態なので、単純に治療ではギックリ腰に関係しているであろう筋肉を多くの検査と問診で探し当てピンポイントで緩めることで改善を目指します。 ですが、治療院などへ来院できないケースなどでは初期の応急処置が今後のギックリ腰の症状の大小に大きく関わってきます。 ・とにかく安静 ギックリ腰は初期は炎症が強く熱感なども強いためになるべく安静にした方が良いとされています。なるべく安静で患部を冷やすことを第一に考えてあげてください。 注意)患部を冷やす際に湿布薬などを使用する患者様がいますが、湿布薬では患部は冷えません。 あくまで、湿布薬に含まれるメントールという成分がひんやりするように皮膚に感じさせているだけです。 実際に缶ビールを冷やそうと思っても湿布じゃ冷えませんよね? 患部も同じで冷やそうと思うのならアイスノンやアイスバッグ、直接氷などで冷やしてあげることをおすすめします。 ③定期的にギックリ腰を繰り返してしまうのはなぜ? 定期的にギックリ腰になってしまう患者様は結構多いですね、多くの場合は自分自身の考え方の部分でギックリ腰を作ってしまっているケースがあります。 そのケースについて動画で詳しく説明していますので動画をご覧ください すずたつ整体院の治療とは? 腰痛の原因の一つ目は筋肉です。 腰周りの関節はとても筋肉に依存した作りをしています。股関節をくっつけているのは股関節回りの筋肉が常にお互いの骨を引き寄せてくれているからなのです。 ですが、股関節は筋肉に依存しているために腰回りの筋肉が疲労により固くなってしまうだけで股関節並びに骨盤周りの可動域が著しく低下してしまいます。 この筋肉の固さに対して当院では、日本古来から続く筋膜治療「かっさ」を使って筋肉を緩めていきます。 女性の方ですと「かっさ」という言葉は小顔エステなどの雑誌の記事で聞いたことがあると思います。 この日本古来からの「かっさ治療」ですが、近年「筋膜リリース」というような名前で知名度を上げてきました。 NHKのためしてガッテンでも特集され、雑誌などでも専用の記事が掲載されるほど注目を集めています。 筋膜リリースとは? 筋肉は薄い筋膜という膜につつまれています。その膜は全身を覆っていてイメージとしては全身タイツのようなものだと思ってください。 その筋膜に捻じれや歪み重なりなどが起こると体の動きが制限され、その場所の血流も低下し痛みが発生します。これが一般的に言われるコリです。 この筋膜の重なりや歪みをかっさの道具を使いアイロンでしわを伸ばすように伸ばしていきます。 そうすることで、歪みが改善され、今まで取れなかった筋肉の固さが改善されます。 腰痛のもう一つの原因は「考え方」です。 人間は頭が良すぎる為に痛みを予想してしまうことがあります。 例えば、人はボールなどが自分に向かって飛んできたときに無意識に先の痛みを予測して体の筋肉を硬直させて当たった時の痛みに備えるような動きをします。 これと同じことを股関節や腰回りでもおこなってしまっているのです。 過去の腰を反った時の痛いという記憶が脳の端っこに残っていると、無意識に腰周りに力が入ります。上記でも述べたように股関節は筋肉に依存しているので、腰に力が入ると筋肉が収縮して股関節や腰周りの筋肉は硬くなります。硬い状態で動かすのですから痛みは通常時と比べ起こりやすくなります。 簡単にまとめると ①腰の痛みを怖がって筋肉に力が入る。 ②筋肉が緊張することで腰周りの動きが硬くなる。 […]

長時間座っていると太腿の裏から膝裏にかけてしびれが出るあなたへ

    • 宇都宮の座骨神経痛

本日もブログをご覧いただきありがとうございます 宇都宮市すずたつ整体院院長のすずたつこと鈴木達也です。 本日はタイトルにあるような長時間座っていると大体の裏から膝裏にかけて痛みが出るあなたに向けてブログを買いていこうと思います。 原因不明の痛みで不安なあなたへ 当院を受診される患者様の中にも今回のブログタイトルのような症状を訴えて来院される患者様は多くいらっしゃいます。 当院を受診される患者様の多くは他の整形外科を受診していたり、他の整骨院や整体院を受診していたりと他で改善が見られないために来院される方をほとんどです。 そのような患者様に私がいつも聞くことは次の3つです。 ・他院で痛みの原因は何と言われましたか? ・その痛みを改善するためにどのような過程で改善していくという説明がありましたか? ・あなたははその説明と治療で納得しましたか? 質問①他院で痛みの原因は何と言われましたか? この質問を患者様にすると整形外科などでは次の次の3パターンの決まり文句が帰ってきます。 ・加齢が原因です ・体重が原因です ・運動不足が原因です この回答は私が患者様に向き合ってきて耳にタコができるくらい聞いてきました。 次に整骨院や整体院だと次のセリフをよく聞きます。 ・体がゆがんでいるからですよ? ・骨盤がゆがんでいるからですよ? このセリフもよく聞くセリフですが、それを言われても患者様はどうすれば良いかはっきりわかりませんよね? では、次にその症状を改善するための方法について当院へ来院してくださる患者様は他院でなんと言われてきたのか?について書いていきましょう。 質問②その痛みを改善するためにどのような過程で改善していくという説明がありましたか? 整形外科などを受診した患者様からよく聞くのは 『とりあえず、痛み止めと湿布を出しておきますから様子を見て見てください』 この説明は不思議なことに 腰痛患者 四十肩・五十肩患者 膝痛患者 ヘルニア患者 坐骨神経痛患者 ほぼほぼの症状の患者様から耳にします。 症状や原因が違うはずなのに同じ方法の治療で改善するのでしょうか? 答えはNOです!! ですから、みなさん不安を感じて当院へ駆け込んでくるのです。 整骨院や整体院で骨盤や体がゆがんでいるというような説明を受けた患者様も最初のうちは治療を続けて行きますが、時間がたっても改善が見えない中で不安感を覚えて当院へ来院されます。 では、なぜ整骨院や整体院では改善しないのでしょうか? それは、患者様が悪くなってしまった原因は患者様の日々の生活の中にあるからです。 正直私は体の歪みは生きている人間になら誰しもあるのは当たり前と考えていますが、 仮に体の歪みが痛みの原因だとするならば、その患者様は生まれた時からゆがんでいたわけではないはずです。 ですが、日常生活の中での悪い癖やマイナスな動作などで徐々にゆがんでくるのだと私は考えています。 では、整骨院や整体院に行ってその場だけ歪みを取っても患者様自身が自分自身で歪みを作ってしまった日々の動作に気づくことができないとまた、歪めてしまった生活と同じ行動を繰り返してしまいます。 同じ行動をしているのだから結果も同じようになるはずですから、また症状を繰り返す。 この繰り返しで患者様は日に日に症状が悪化してしまうのです。 では、なぜ整骨院や整体院では日々の原因の動作の指導をしないのか? その理由は治療家は患者様自身ではなく症状しか見ていない方が多いので、日常生活まで指導をするスキルがないのです。その場で痛みを取ることが目標になっているので、治療家の中では痛みが取れれば終わりになってしまっているんです。 タイトルの症状で坐骨神経痛と診断を受けた患者様・・・ タイトルのような症状で整形外科を受診した患者様の多くは坐骨神経痛と診断を受けて整形外科のリハビリでは改善せずに当院へ来院されます。 そして、当院で嘘のように改善される、、、 坐骨神経痛と診断を受けた患者様が当院の初回の治療で嘘のように症状が改善をする その理由はとても簡単です。 そもそも坐骨神経痛ではないからです。 詳しい説明は動画にて説明をしていますのでぜひ、動画をご覧ください。   当院は坐骨神経痛の専門院です。 当院では、筋肉にポイントを重視して治療を行います。 […]

【腰痛専門院】整体師が教える自宅で出来る腰痛セルフストレッチ

    • 宇都宮のぎっくり腰
    • 宇都宮のヘルニア
    • 宇都宮の座骨神経痛
    • 宇都宮の腰痛
    • 宇都宮の骨盤矯正

  本日もブログをご覧いただきありがとうございます   宇都宮市すずたつ整体院院長のすずたつこと鈴木達也です。 本日は患者様からの質問が多い腰痛のセルフストレッチについてブログにて紹介をさせていただきます。 腰痛のセルフストレッチ 今回紹介する腰痛のストレッチはギックリ腰などの急性期の痛みではなく、何年も続く腰のだるさなどの慢性的な腰痛に効果的なストレッチになります。 詳しくは動画にて説明をしていますので是非、ご覧ください。 なぜ、腰が痛いのに背中の筋肉をストレッチするのか? 当院で施術を受けた患者様によく質問をされる内容なのですが、 当院では患者様との問診の時間を他院の5倍から10倍取っています。 その中で患者様一人一人の原因となっている根源を探していきます。 ある人はお尻の筋肉の硬さが原因で腰痛になっていたり、 ある人は腕の筋肉の使いすぎで腰痛になっていたり、 腰が痛いから腰を揉むということは私の見解から物申すと素人です!! 筋肉は筋膜によって全身繋がっています。 イメージとしては全身タイツを想像してみてください。 全身の筋肉がお互いにつながっているのでどこかしらの筋肉が硬くなるだけで他の筋肉の動きも悪くなります。 なので、腰が痛くても腰の筋肉が原因ではない場合はとても多く私個人の今までの感覚だと腰痛は原因が腰の筋肉ではない場合の方が多いように感じます。 なので、今回のストレッチでは腰から背中にかけての筋肉の硬さやハリ感によって腰の違和感や痛みなどが発生している場合の患者様に特に効果的なものになります。 どのような症状に効果的なのか!? このストレッチが効果的な症状は ・慢性腰痛 ・慢性的なヘルニア ・慢性的な脊柱管狭窄症 ・慢性的な坐骨神経痛 全体的に慢性的な腰の痛みを伴う症状に今回のストレッチは効果的なので、無理のない範囲で実践していただければと思います。 【おまけ】お尻の筋肉が原因で腰の痛みがある場合に効果的なストレッチ 先ほど紹介させていただいた動画のストレッチは背中の筋肉が原因で腰痛が起こっている場合には効果的ですが、腰痛は他の部分の筋肉が原因で起こっている場合も考えられます。 次に紹介するのはお尻の筋肉が原因で腰痛が起きている症状の場合に効果的なストレッチになりますので、是非、動画をご覧ください。 【おまけ②】腕の筋肉が原因で腰痛が起こっている場合のセルフケア 背中やお尻の筋肉が緊張しているコリ固まっているから腰痛が起こるというのはイメージがしやすいかと思いますが、腕の筋肉が原因で腰痛が起こる場合もあるんです。 特に大工さんなどの腕をよく使う方に見られる原因なのですが、こちらのケアの方法も動画にて詳しく説明をさせていただいていますのでぜひ、ご覧ください。 どうしても改善しない腰痛ならすずたつ整体院へ 上記のポイントなどを抑えてセルフケアをしたがなかなか改善しないという方はすずたつ整体院へ来院されることをおすすめします。 当院は他院の考え方とは違う視点からの治療で他院では改善しなかった症状を改善してきた実績があります。 当院の患者様の変化をご覧ください。 ぎっくり腰で来院された10代女性 腰痛で来院された40代男性 すずたつ整体院の治療とは? 腰痛の原因の一つ目は筋肉です。 腰周りの関節はとても筋肉に依存した作りをしています。股関節をくっつけているのは股関節回りの筋肉が常にお互いの骨を引き寄せてくれているからなのです。 ですが、股関節は筋肉に依存しているために腰回りの筋肉が疲労により固くなってしまうだけで股関節並びに骨盤周りの可動域が著しく低下してしまいます。 この筋肉の固さに対して当院では、日本古来から続く筋膜治療「かっさ」を使って筋肉を緩めていきます。 女性の方ですと「かっさ」という言葉は小顔エステなどの雑誌の記事で聞いたことがあると思います。 この日本古来からの「かっさ治療」ですが、近年「筋膜リリース」というような名前で知名度を上げてきました。 NHKのためしてガッテンでも特集され、雑誌などでも専用の記事が掲載されるほど注目を集めています。 筋膜リリースとは? 筋肉は薄い筋膜という膜につつまれています。その膜は全身を覆っていてイメージとしては全身タイツのようなものだと思ってください。 その筋膜に捻じれや歪み重なりなどが起こると体の動きが制限され、その場所の血流も低下し痛みが発生します。これが一般的に言われるコリです。 この筋膜の重なりや歪みをかっさの道具を使いアイロンでしわを伸ばすように伸ばしていきます。 そうすることで、歪みが改善され、今まで取れなかった筋肉の固さが改善されます。 腰痛のもう一つの原因は「考え方」です。 人間は頭が良すぎる為に痛みを予想してしまうことがあります。 例えば、人はボールなどが自分に向かって飛んできたときに無意識に先の痛みを予測して体の筋肉を硬直させて当たった時の痛みに備えるような動きをします。 […]

整骨院の治療で受診する前よりも腰痛が悪化してしまったあなたへ

    • 宇都宮のぎっくり腰
    • 宇都宮のヘルニア
    • 宇都宮の座骨神経痛
    • 宇都宮の腰痛
    • 宇都宮の骨盤矯正

本日もブログをご覧いただきありがとうございます 宇都宮市すずたつ整体院の院長すずたつこと鈴木達也です。 本日のブログの内容なのですが、宇都宮市で整体院を開業している当院ですが、患者様の中では他の治療院や整骨院、整体院を受診して改善するはずの腰痛が逆に悪化してしまったという方がいらっしゃいますので、患者様がそのような整骨院などで施術を受けないために整骨院来院前に気をつけておくべきことをブログにて紹介をしていければと思います。 注意をするべき整骨院&治療院の特徴 あなたが治療院を探す際に参考にしてほしい治療院探しの注意するべきポイントを簡単に説明をしていきます。 ホームページがない 施術者の有資格の説明がない ホームページやチラシに料金の記載がない 骨盤矯正であたかも腰痛が治るかのような売り出しをしている ホームページがない ホームページというものは治療院の看板のようなものです。 会社員でいう名刺のようなものです。 ホームページを作っていない治療院は私が知っている中で2つの理由があります。 1つ目・・・稀なケースですが、一見さんお断りや紹介制の治療院ではホームページを作っていないケースがあります。ですが、紹介制で集客に力を入れなくても次から次へと患者様が来院する治療院でも患者様が院を知り合いに紹介する際にホームページなどを利用するために作っている先生も多いので今の時代売れている人気の治療院でホームページを作っていないのは全国でもほんの一握りになります。 2つ目・・・そもそもホームページを作る金銭的な余裕がない ホームページを作っていない治療院の多くは2つ目の理由が多いと私は思っています。 ホームページはしっかりしたものでだいたい50万円くらい 簡易的なものでいいならグーグルのサービスを利用すれば、無料で作れてしまいます。 ですが、無料で作成できるホームページがあるのに作成していないということはよっぽどのめんどくさがりか、パソコンを買うお金がないということになります。 あなたはめんどくさがりや院経営がうまくいっていない先生に見てほしいですか? あなたのために言わせてもらいます。 自分の体を壊したくなかったらホームページのない治療院への来院をもう一度考え直してください。 施術者の有資格の説明がない 整体院を受診される際に注意が必要となるのは、施術者が有資格者かどうかです。 実は、整体院を開業する際に特別な医療の資格などはありません。 あなたがもし開業資金さえあれば明日にでも整体院を開業して整体師として人の体を触ることも可能です。 ですので、整体院の多くは資格を持たずに営業をしている院も多くあるために強すぎる刺激で症状を悪化させてしまったり、無理な矯正で後遺症になってしまう話などもよく耳にしています。 あなたがもし、整体院で施術を受けようと考えているのなら一度院の方に電話をかけていただいて、施術者が資格を持っているのかの確認をされた方がいいかと思います。 国家資格者の整体院なら安心ですが、有資格者のなかでも、民間資格で1日講義を受けただけで取れてしまうような資格もありますので、心配な人は一度施術者が持っている資格がどのような資格なのかを調べてみるのもいいかと思います。 もし、その治療院の資格に不安がある場合は一度私の方にご連絡をいただき資格名を教えていただければ、私の方からアドバイスをさせていただきます。 ご相談はこちらから← ホームページやチラシに料金の記載がない このケースの治療院はぼったくりの危険性があります。 治療法を料金別にしていて勝手にいろいろな治療法を付け足して料金の上乗せをする報告があります。 私の印象だと外国人が経営する整体院などに多いような印象がありますので、もしあなたが治療院で施術を受ける際は料金がはっきりと記載されている治療院を選ぶように注意をお願いします。 骨盤矯正であたかも腰痛が治るかのような売り出しをしている このブログで私が一番気をつけてほしいのはここの部分です。 巷のグループチェーン店では骨盤矯正を押している治療院が多くありますが、骨盤矯正で腰痛の症状が全て改善することは正直難しいです。 骨盤矯正=腰痛に効くと思っていませんか? 骨盤矯正という言葉はこの頃とてもメジャーなキーワードになり多くの整骨院や治療院でも見かける言葉となりました。 あなたも骨盤矯正という文字に惹かれて治療院へ来院したという経験があるのではないでしょうか? 慢性的な腰痛があるから骨盤矯正をしてもらいたい!! という方は多くいらっしゃいますが、骨盤矯正=腰痛が改善するという風に考えている方は大間違いです!! なぜなら、骨盤の歪みと腰痛の原因は根本部分が全く違うからです。 そもそも骨盤が歪んでいる基準とは!? よく整骨院や整体院を受診した人の話を聞くと先生から『骨盤が歪んでいますね〜』として気を受けたことがあるという声を多く耳にしますが、その先生がいう骨盤がゆがんでいますね!!という歪みの基準はどのくらいなんでしょうか? 骨盤の歪みなんて見たらわかるだろ!!という先生もいますが、骨盤が歪んでいるのに腰痛もなく生活をしている人も多くいらっしゃいます。 では、なぜ骨盤があきらかに歪んでいるのに腰痛もなく生活ができているのか? 腰痛の原因は骨盤の歪みではないからなのです。 ですが、患者様へ説明をするときにグループチェーンの整骨院などでは骨盤を原因としてこのように問診をして予約を取りましょうとトークスクリプトが決まっています。 問診力や洞察眼のない治療家からすると全ての原因を骨盤の歪みというところへつなげてしまった方が説明がしやすいのです!! ですが、症状は患者様個人で一人一人全く違いその違いをしっかりと問診の中で見極めるのが我々治療のプロの仕事なのです。 ですが、その仕事を放棄した人が多すぎます。 骨盤矯正=腰痛治療なら10年前と比べて骨盤矯正という言葉は多く耳や目にする機会は増えましたが、腰痛の患者様は減っていないのが事実です!! もう一度いいますが、骨盤矯正=腰痛治療ではありません。 […]

【坐骨神経痛専門院】坐骨神経痛患者へおすすめのセルフストレッチ

    • 宇都宮の座骨神経痛

  本日もブログをご覧いただきありごとうございます。   宇都宮市すずたつ整体院院長のすずたつこと鈴木達也です。 本日は9月になり坐骨神経痛の患者様が増えてきたこともあり、当院を来院された坐骨神経痛の患者様へお伝えさせてもらっている。 臀部周辺の筋肉のセルフストレッチ法をお伝えさせていただいております。 そもそも坐骨神経痛とは!? 人間の脊椎の中を走行している坐骨神経と呼ばれる神経の幹が骨や軟骨・軟部組織などによって圧迫されることで坐骨神経痛と呼ばれる痛みと共に圧迫されている領域から下の部分にしびれを感じる症状を一般的に坐骨神経痛と呼ばれます。 あなたの坐骨神経痛は誤診かもしれませんよ? 当院へ坐骨神経痛と診断を受けて来院される患者様の多くは坐骨神経痛ではありません。 本当の坐骨神経痛かどうかをセルフで診断することが出来るテストがありますので、次の項目に自身の症状がどれだけ当てはまるのか試して見てください。 坐骨神経痛の症状が朝と夜を比べると朝一番の方が症状が強く出ている。 お風呂に入ると坐骨神経痛の痛みが軽減する 日によって全く痛みを感じない日がある 揉みほぐしなどのマッサージで症状が改善する 上記の項目の中で一つでも当てはまる項目があるのならあなたの坐骨神経痛は坐骨神経痛もどきの可能性があります。 なぜ、坐骨神経痛もどきと言えるのか? 坐骨神経痛とは坐骨神経が何者かによって圧迫されている状況をさします。 整形外科などでは脊椎の間が狭いや骨が変形しているなどの理由から骨が原因で坐骨神経が圧迫されていると説明を受けることがほとんどです。 ですが、本当に骨や軟骨が坐骨神経を圧迫していることが痛みの原因だとするのなら、圧迫しているものは四六時中圧迫をしているわけです。 それならずっと一定の痛みがなくてはおかしいわけです。 ですが、朝と夜で痛みの差があったり、お風呂に入ると症状が改善するなど患者様が多くいらっしゃいます。 なぜでしょうか? それは、坐骨神経と言われた痛みの原因が骨ではないからなのです。 日によって痛みの上下があることも骨が痛みの原因だとするのならばちょっとムリがあります。 なぜなら、日によって圧迫をしていた骨の間が広がったり圧迫をしていたところが引っ込んだりすることは考えづらいです。 さらにマッサージや揉みほぐしで症状が改善するという点からもマッサージで骨の位置が動くことは考えにくいです。 坐骨神経痛の本当の原因とは!? 坐骨神経痛の本当の原因は ・お風呂に入ると症状が改善する ・マッサージで症状が改善する などの点から筋肉の硬さが症状に関係してくると私は考えています。 筋肉は緊張したり疲労が溜まったりすると硬くなり膨張をする性質があります。 その膨張した筋肉に神経が圧迫されることにより、症状が出ている方が多くいらっしゃいます。 なので、筋肉を緩ませるためにお風呂などで温めてあげると筋肉が緩んで圧迫がなくなり症状が改善する。 マッサージなどで筋肉をほぐすことで圧迫がなくなり症状が改善するのです。 なので、坐骨神経痛と診断を受けた患者様もしっかりと施術にて原因の筋肉を緩めて日常生活で硬くしないような指導をすると症状が改善します。 空き時間でできる坐骨神経セルフケアストレッチ 坐骨神経痛の患者様に当院で指導しているセルフストレッチの説明動画になりますので、ぜひ、ご覧ください。 当院は坐骨神経痛の専門院です。 当院では、筋肉にポイントを重視して治療を行います。 筋肉 坐骨神経痛を訴える患者様の中には坐骨神経周辺の筋肉が日頃の生活の癖などで緊張してしまってその筋肉が神経を圧迫しているケースが多く見られます。     ですから、当院では、日本古来から続く筋膜治療「かっさ」を使って筋肉を緩めていきます。 女性の方ですと「かっさ」という言葉は小顔エステなどの雑誌の記事で聞いたことがあると思います。 この日本古来からの「かっさ治療」ですが、近年「筋膜リリース」というような名前で知名度を上げてきました。 NHKのためしてガッテンでも特集され、雑誌などでも専用の記事が掲載されるほど注目を集めています。 筋膜リリースとは? 筋肉は薄い筋膜という膜につつまれています。その膜は全身を覆っていてイメージとしては全身タイツのようなものだと思ってください。 その筋膜に捻じれや歪み重なりなどが起こると体の動きが制限され、その場所の血流も低下し痛みが発生します。これが一般的に言われるコリです。 この筋膜の重なりや歪みをかっさの道具を使いアイロンでしわを伸ばすように伸ばしていきます。 そうすることで、歪みが改善され、今まで取れなかった筋肉の固さが改善されます。 当院では、栃木県でも珍しい筋膜治療専門の道具グラストンを使った治療を得意としております。 […]

慢性症状の方必見!!当院おすすめのセルフケアグッズをお教えします。

    • 宇都宮のぎっくり腰
    • 宇都宮のヘルニア
    • 宇都宮の四十肩・五十肩
    • 宇都宮の座骨神経痛
    • 宇都宮の股関節の痛み・変形性股関節症
    • 宇都宮の腰痛
    • 宇都宮の膝の痛み
    • 宇都宮の骨盤矯正

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。 宇都宮市すずたつ整体院の鈴木です。 本日は患者様からの質問の多かった自宅で行うセルフケアの際にオススメのグッズについてブログを書かせて頂きたいと思います。 セルフケアの重要性とは? あなたは現在身体の為にセルフケアを行っていますか? セルフケアがなぜ、大切かということをあなたにむけて書いていければと思います。 あなたがもし、治療院で治療を受けたとしても数日したら元に戻ってしまったという経験はありませんか? では、治療後は良かったのに時間が経ってくると元の悪かった状態に戻ってしまうのでしょうか? それはあなたの身体に悪い癖がついているからです。 今まで悪い状態を放置してしまった結果として痛みが出てしまったので長い間悪い状態にあったあなたの身体は悪い状態が基本になってしまっているのです。 そこで治療をして正しい状態に戻してもらってもいままで悪い状態で癖がついている身体は良い状態が気持ち悪いのです。 例えば、一人暮らしをし始めた学生が実家が恋しくなってしまうのと同じで人間は変化を嫌う生き物です。 それが、良い変化でも潜在意識の中でそれを気持ち悪いと考えてしまうのが人間の性なのです。 ですから治療後から時間が経つとともに少しずつ慣れている悪い状態に戻ろうとするのです。 その結果、治療後は調子が良いのに時間が経つと元に戻ってしまうという状況が出来上がってしまうのです。 ここで大切になるのがセルフケアです。 セルフケアを行うことで良い状態をキープすることが可能になり、今まで悪い状態で癖の付いていた身体が今度は良い状態で癖がついてきます。 良い状態で癖がついてしまえば今まで辛い状態が普通でたまに楽な時があるといった状態だったのが楽な状態が普通でたまに辛いときがあるといった状態に変化してきます。 なので、患者様自身も治療家や病院の先生に依存しておんぶにだっこになるのではなく自分自身でもセルフケアなどで健康への意識を上げていかなくては症状の改善はありえません。 究極のコスパ!!セルフケアグッズ 今回ブログで紹介するセルフケアグッズはたまたま私が地元の100円ショップに行ったときに見つけたものです。 商品は108円ですが、効果は絶大なのでぜひご自身でもすぐに買ってもらって今日からでもセルフケアをしてもらえればと思います。 もったいぶって書いてきましたが、私が今回紹介したい商品はこちらです。 女性の方なら分かる方は多いと思いますが、男性はピンとこない方も多いと思います。 そんな男性の為にこれはどのような道具なのかについて説明をさせていただきます。 この道具は「かっさ」と言われる道具になります。 小顔のエステなどで使われる道具でこの器具で皮膚をこすることで血液の循環を促し筋肉の緊張を取り去るものになります。 このかっさを使って患部をこすってあげることで当院で行っているグラストン治療に似た効果を体験することが出来ます。 ※グラストン治療とは 医療用のかっさを使い筋肉の繊維にそってこすってあげることでマッサージと比べて早くさらに深い繊維まで緩めることが出来る治療になります。 詳しい説明については動画にて説明していますのでぜひご覧ください。 治してもらおうという他力本願では治りません。 私の治療院でも患者様へ絶対に伝えていることは他力本願にならないでください。 先生に任せていればと心のどこかで人任せになっている人生活のどこで自分自身の身体に負担のかかる要因があるのかということに気づこうとしません。 治療家任せになっている患者様は私の経験上治りも悪いし改善したとしても自分自身の悪い原因に気づいていないので知らず知らずのうちにまたマイナスなことを繰り返してしまい再発を繰り返します。 宇都宮で膝痛・ヘルニアでお困りの方はすずたつ整体院です。 最後までブログを読んでいただきありがとうございます。 宇都宮で膝痛・ヘルニアでお困りの方は膝痛・ヘルニア専門のすずたつ整体院へご連絡ください。 どのように膝痛・ヘルニアが改善するのかを知りたい方したのリンクをクリックして症状月ページへお進みください。 膝の痛み改善の秘密はこちら←クリック ヘルニア改善の秘密はこちら←クリック

宇都宮で坐骨神経痛でお困りのあなたへ!!その痛み本当に坐骨神経痛ですか?

    • 宇都宮の座骨神経痛

本日もブログをご覧いただき有難うございます。 宇都宮市すずたつ整体院の鈴木です。 本日は坐骨神経痛の患者様へ向けて、その痛みは本当に坐骨神経痛ですか?という内容でブログを書かせていただきます そもそも坐骨神経痛の患者様がなぜ、整体院へ来るのか? 坐骨神経痛とは 骨、軟部組織、筋肉などが坐骨神経を圧迫することにより痛みが起こるものを指します。 では、整体院で神経を圧迫しているものを取り去ることはできるのでしょうか? 筋肉由来のものでしたらまだ改善の可能性はありますが、それ以外のものの圧迫はメスや薬を使えない整体師からすると難しいように思います。 本当に圧迫しているのであれば、その原因のものを整形外科などの手術で取るしかないと思います。 ですが、整体院へ来院される患者様からお話を伺うと整形外科で何もしてくれないだったり、痛み止めや湿布薬で様子を見ましょうと言われている。 ブロック注射でその場しのぎの処置しかしてもらえないなどの理由で整体院へ来院される患者様が多くいらっしゃいます。 では、なぜ整形外科では坐骨神経痛の手術をしたがらないのか?? 整形外科が手術に対して積極的ではない本当の理由とは? 話は変わりますが、もし腕の骨折などで整形外科や大病院を訪れたとしましょう。 すると、まずレントゲンを撮られて完全に折れていることを確認します。 そしてすぐに程度にもよりますがボルトなどで固定しましょうと積極的に手術を進められます。 ですが、坐骨神経痛のあなたが整形外科へ行くとどうでしょうか? 坐骨神経痛かもしれないね〜 坐骨神経痛ですが、様子を見ましょうと言われた経験はありませんか? なぜ、骨折の時みたいに積極的ではないのでしょうか? それは、 整形外科の先生も原因がわかっていないからです。 原因がわかってないのになんで坐骨神経痛という診断をされるのか? それは、病院では何かしらの診断を出さなければいけないからです。 だいたい腰の痛みを訴えて整形外科を来院された患者様は ・ヘルニア ・坐骨神経痛 ・脊柱管狭窄症 このいずれかの診断を受けます。 全て原因が違う症状のはずなのに診断後の処置としては痛み止めと湿布薬・・・ これはとりあえず診断を出しておいて痛みを熟成させているだけなのです。 痛みを熟成とはどういうことなのか? そのことについてはこちらの動画で詳しく説明をしているのでぜひご覧ください。 このように整形外科では痛み止めで時間を稼いで明らかに症状が出てきて原因の判断が簡単になった時に手術をしたいのです。 患者様は手術をしたいのではなく治りたいだけ!! 整形外科は手術をしたがりますが、患者様は決して手術をしたがっているわけではありません。 この痛みが解放される手段が手術しかないと思い込んでしまうので手術を選択してしまうのです。 ですが、本当にガチの坐骨神経痛の患者様は明らかに痛みの質も違いますに画像診断でも顕著に特徴が現れます。 ガチの人はすぐに手術を促されます。 それは手術が一番早く治る方法だからと医者たちが確信しているので積極的に進めてきます。 では、整体院へ来院される患者様はどうでしょうか? みなさん痛み止めなどで様子を見ましょうと言われた患者様です。 このような患者様は整形外科では気づいていないだけで実は坐骨神経痛以外の原因で痛みが起こっているケースが多々あります。 当院の治療で回復する坐骨神経痛はなんちゃって坐骨神経痛なのです。 ですが、このなんちゃってに気づかずに意味のない手術をしてしまっている患者様も多くいらっしゃいます。 整形外科で様子を見ましょうと言われた方は手術までただ静かに症状の悪化を待つのではなく専門の治療家に見てもらうことをお勧めします。 今回のブログの内容を詳しく動画にまとめましたのでぜひ、ご覧ください。 当院は坐骨神経痛の専門院です。 当院では、筋肉にポイントを重視して治療を行います。 筋肉 坐骨神経痛を訴える患者様の中には坐骨神経周辺の筋肉が日頃の生活の癖などで緊張してしまってその筋肉が神経を圧迫しているケースが多く見られます。     ですから、当院では、日本古来から続く筋膜治療「かっさ」を使って筋肉を緩めていきます。 女性の方ですと「かっさ」という言葉は小顔エステなどの雑誌の記事で聞いたことがあると思います。 […]

宇都宮の皆さん!!その足の痺れもしかして梨状筋症候群かも!?

    • 宇都宮の座骨神経痛

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。   宇都宮すずたつ整体院院長の鈴木です。 宇都宮も冷え込みが強くなり、年末の仕事に追われる患者様が増えてきました。 新年を万全な状態で迎えられるように今年の痛みは今年のうちに取りたいものですね。 そんな中でも当院を受診される患者様で多いのが、坐骨神経痛による痛みを訴えて来院される患者様です。 このブログを読まれている読者のあなたもしくはあなたの周りの方で下記のような症状はありませんか? お尻の裏から足にかけての痺れがある 常に腰から下にだるさがある 座っていると痛み、痺れが悪化する 腰を前屈すると足の後ろの痺れが強くなる 足に熱さを感じる(灼熱感)ことがある 上記のような症状悩んでいるのならもしかすると、あなたの悩みの根源はヘルニア由来の坐骨神経痛ではなく、 梨状筋症候群かもしれませんよ?   お尻のから膝裏にかけての痺れを本気で取りたいという方は最後までブログをお読みください。 梨状筋症候群とは 坐骨神経痛の原因筋で知られているのが、梨状筋です。 梨状筋はお尻の筋肉で途中で二股に分かれています。 その梨状筋の間を坐骨神経が通っているので、何らかの原因で梨状筋が固くなると、坐骨神経痛と似た症状がみられます。 この症状を梨状筋症候群と言います。 梨状筋症候群は坐骨神経痛に似た症状で、いつもお尻から膝の後ろにかけて痺れや痛みが出ることがあります。 坐骨神経痛は、坐骨神経が筋肉や骨、軟部組織などで圧迫されることにより起こります。 当院の患者様でも、坐骨神経痛の患者様は多く。ヘルニアや脊柱管狭窄症、腰椎すべり症などの併発症として知られております。 ヘルニア由来の坐骨神経痛だと整形外科で診断されて来院された患者様でも、臀部を触診してみると異様に固くなっている患者様がいらっしゃいます。 上記のような方は梨状筋症候群の可能性があり、実際に梨状筋を施術によって緩ませると症状も改善したというケースが度々あります。 痺れはヘルニアが原因と言われた方へ 坐骨神経痛の症状を訴える患者様はよく病院でヘルニアで神経を圧迫しているから痺れがあるという説明を受けます。 ですが、私はこの説明に疑問を覚えます。 なぜなら、本当にヘルニアによって飛び出してしまった。髄核や軟部組織などが神経を圧迫しているのなら、一日の中で痛み、痺れの増減又は有無があるのはおかしいと思いませんか? ○時~○時の間はヘルニアが気を使って引っ込んでくれているというのであれば納得はできますが、そんなことは考えにくいですよね? 中にはその時の姿勢により神経に触ってしまうようなヘルニアもありますが、MRI画像でヘルニアが神経を覆ってしまっているようなヘルニアでも上記のように一日の中での痛み、痺れの増減又は有無が見られます。 そこで私が思ったことは 足の痺れはヘルニアが原因ではない!! では、何が原因なのか?それは筋肉です。筋肉は緊張すると膨張するという性質があり、梨状筋症候群の場合二股に分かれた梨状筋の間を走る坐骨神経が緊張した梨状筋にサンドされることによって症状が出現しています。 なので、当院独自の治療で梨状筋の固さを取ることによって患者様の足の痺れの悩みを解消します。 あなたが坐骨神経痛の痺れが改善されずに悩んでいるのなら一度当院で見させてください。 もしかすると、梨状筋症候群かもしれません。 現状を変えるためにあなたが勇気をもって来院頂けるのなら当院も全力で患者様の健康のお手伝いをさせていただきます。 当院は坐骨神経痛(梨状筋症候群)の専門院です。 当院では、筋肉にポイントを重視して治療を行います。 筋肉 上記でも説明したように、梨状筋は二股に分かれていてその間を神経が通過する構造になっているため、梨状筋の緊張が高まることで、神経が圧迫され痺れや痛みの症状が出現します。   ですから、当院では、日本古来から続く筋膜治療「かっさ」を使って筋肉を緩めていきます。 女性の方ですと「かっさ」という言葉は小顔エステなどの雑誌の記事で聞いたことがあると思います。 この日本古来からの「かっさ治療」ですが、近年「筋膜リリース」というような名前で知名度を上げてきました。 NHKのためしてガッテンでも特集され、雑誌などでも専用の記事が掲載されるほど注目を集めています。 筋膜リリースとは? 筋肉は薄い筋膜という膜につつまれています。その膜は全身を覆っていてイメージとしては全身タイツのようなものだと思ってください。 その筋膜に捻じれや歪み重なりなどが起こると体の動きが制限され、その場所の血流も低下し痛みが発生します。これが一般的に言われるコリです。 この筋膜の重なりや歪みをかっさの道具を使いアイロンでしわを伸ばすように伸ばしていきます。 そうすることで、歪みが改善され、今まで取れなかった筋肉の固さが改善されます。 当院では、栃木県でも珍しい筋膜治療専門の道具グラストンを使った治療を得意としております。 グラストン治療は、日本で広がったアメリカ発の最新人間医学を基礎とした筋膜リリース治療です。日常の不良姿勢やスポーツ障害からくる痛み・運動制限の原因になる体内の細かな傷や筋肉の硬いしこりやくっ付きを感知し、指では届かない深い部位まで治療することができ、従来のマッサージなどで改善できなかった筋肉の緊張などにも効果を発揮する最新の治療法になります。 […]

宇都宮で坐骨神経痛に悩むあなたもしかするとその痛み梨状筋症候群かも・・・

    • 宇都宮の座骨神経痛

坐骨神経痛の症状で、いつもお尻から膝の後ろにかけて痺れや痛みが出ることがあります。 これは、坐骨神経が筋肉や骨、軟部組織などで圧迫されることにより起こります。 当院の患者様でも、坐骨神経痛の患者様は多く。ヘルニアや脊柱管狭窄症、腰椎すべり症などの併発症として知られております。 坐骨神経痛で原因筋で知られているのが、梨状筋です。 梨状筋はお尻の筋肉で途中で二股に分かれています。 その梨状筋の間を坐骨神経が通っているので、何らかの原因で梨状筋が固くなると、梨状筋症候群といって坐骨神経痛と似た症状がみられます。 梨状筋症候群の治療として適切なストレッチを行うことで比較的症状は改善します。 当院では、来院時の治療だけではなく、自宅へ帰ってから気を付けることや、セルフストレッチなどのアフターケアの指導も行っていますので、他院と違い戻りも少なく、治療効果も持続します。 もしもあなたが今坐骨神経痛や梨状筋症候群でお困りなら、ぜひ私に健康のお手伝いをさせていただきたく思います。 必ず、あなたの人生にプラスとなるお手伝いができると自負しております。 当院では、そんなあなたの一歩を心よりお待ちしております。

インターネット限定
お試しキャンペーン中!

10月25日までの期間限定

施術1回 通常 7000

初回特別価格

4980

1日1名様限定の初回特別キャンペーンです。お急ぎください!
まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

完全
予約制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

028-612-4577 028-612-4577

営業時間 午前9:00〜21:00

すずたつ整体院

住所
〒 329-1102
栃木県宇都宮市白沢町2020−7
ベルテンポ南側1号室
アクセス
代表者
鈴木達也
電話番号
028-612-4577 028-612-4577

夜の9時まで受付ですので、仕事帰りでも施術が受けられます。

営業時間
10:00〜21:00

ソーシャルメディア

お友達登録はこちら

PAGETOP